1000万円以上の男性と結婚を希望

6年前のお話です。41歳のバツイチ(お子様はいません)の女性が入会しました。「最低でも1000万円以上でないと結婚できないです」と仰っていました。

私の相談所は「ハイクラスや医師やエリートとの結婚」を確固たるコンセプトにはしてないですが宜しいですか?ご希望に沿ってご提案しますので、1兆円規模の御曹司さんや若い会社経営者の結婚になった女性はいますが、本人の実力によります。
「知っていますよ。さんざん結婚カウンセラーさんに言われて来ましたから(笑)どこでもデータベースは大差ないと分かりました。実は3軒ほど相談所を転々としてきました。理想が高すぎるとからネットではお見合い組めなくカウンセラーさんとギクシャクして辞めてました。親切で、アナログでもどんどん提案してくれるところなら、どこでも良いです」

年収にこだわる訳

41歳の女性はとても綺麗でセンスの良い服とモデルさんのようなスタイルに、ゆるフワのパーマのかかったロングヘア。年収に拘るのは「以前の旦那さんから生活費として月200万円もらっていた」から。これでも年収のこだわりは限界まで下げたそう。シャネルやエルメスは年に5~6回は購入して年に2回はハワイや上海に海外旅行。「200万でも足りない場合は、おねだりして追加で貰っていました」
出会いは20歳の時。20代女性は参加費無料のタワーマンションパーティで40歳のバツイチの不動産会社社長と知り合って、即結婚。
当時の彼女は、親が小さい頃に離婚。母親と築50年ほどの1DKの公団に住んでいて、高校を卒業してデパートの化粧品売り場で就職して2年目。
年収が高くて贅沢をさせてくれる彼が大好きになったそうです。

年収に拘るのは悪い事ではない

「方々でさんざん”条件が厳しい”と言われた」という彼女には、誤解のないように伝えたのですが「1000万以上の方との結婚を望むのは悪い事ではないです」
実際、綺麗で魅力的であればご紹介は可能ではあります。
それよりも「それに見合うような何かを持ち合わせていること」が重要であったりします。
私の考えが100%正しいワケではありませんが、「男性の好みの女性」であれば動機が不純でも(少し言い過ぎですが)、プロポーズされます。アラフォーの結婚は、むしろ「お互い自分のメリットデメリット」を少し計算するところがあります。

年収に拘った女性の結果

結果から言うと、この女性は足掛け3年の末に結婚しました。(現実を受け入れるのに時間がかかり半年休会×2回しました)
相手は年収500万円の同じ年齢の男性。(中肉中背・普通にカッコいいです)
最初の希望の「一回り年上のダンディで1000万円以上」と180度違いました。
私はアドバイスなどというオコガマしい事はせず、ただただ提案と寄り添うしかしませんでした。

なぜ条件を変えたのか?

「年収1千万(時には2400万円)の男性とお見合いを設定してもらううちに『自由にお金を使わせてくれるパートナーなんていないんだな』と現実が見えてきて、同時に自分の離婚のトラウマが浮かんできました」

離婚して10年。独りで辛い時に思い出す過去は、輝いて見えた。
「恵比寿からほど近い豪華マンションでのリッチなセレブ生活。デパートやブランド店の買物がワクワク楽しかった。その頃の印象ばかりが頭に焼き付いていました」
結婚生活は5年もすると破綻していたそうです。
「だんだんお金の無心しかしないように思われて(実際はそうだったのですが)結局疎ましがられて離婚しました。もともと彼が仕事が忙しく、恋愛熱が冷めると高圧的な所もありましたし、私は精神的にも子供だったので構って欲しかった。それでお金で心の隙間を埋めていたのだと思います。」

居心地が一番

このブログで、「条件じゃないよ居心地だよ。だから条件云々いわないでね」という積もりはさらさらありません。条件に拘っても良いと思います。

彼女はお見合いで数々のシミュレーションをして、それについての感想をすっかり述べては自分の刷り込まれた20代の結婚のイメージを整理整頓してきたのだと思います。(お見合い相手の悪口として聞こえる時もあり誤解されやすいAちゃんでしたが)

前の旦那様は「専業主婦なのだから」と、掃除は毎日完璧に、夕飯には7品目以上揃える(4時くらいから支度しないと間に合わないので今でも夕方になると憂鬱になる癖があると彼女は言ってました)。もちろんデパ地下など買った総菜やインスタントなどの手抜きは禁止です。恋愛熱が冷めた後の現実の生活は窮屈な側面があったそうです。そして結婚生活の後半は生活費は10分の1に減らされたという事実も後から彼女に打ち明けられました(生活費はお金持ちでも そもそもそれが普通と思いますが)

現在は世田谷の家賃12万円の2Kのマンションに住んで、お気に入りの野菜カフェで夕飯を食べて帰るのが日課。お掃除は彼と分担。年収は後で判明しましたが、転職したばかりでそれ相応の生活費は充分にあり、A子さん自身もフリーの美容家として働いています。今、お金にとらわれなくても「本当に求めていた温かいパートナー」とワンちゃんがいて、充実した人生を送ってとっても幸せのようです。